Like Site

ブックマーク代わりのブログ

パスタの完全食品

また完全食品みっけ。

「ベースパスタ」1食に必要な栄養素が摂取できる完全食。

完全食時代なんでしょうか。この商品も、食事をする時間がもったいないと自分で開発したみたいです。

パスタだからアレンジ次第では楽しめるかもしれません。

完全食でこと足りる人は、「うに食べたい」「うなぎが食べたい」などど(頭文字が「う」ばっかりだ)思ったりしないのだろうか。

いや、思うよね。たまにはちゃんと食事するんだろうな。スーパーで惣菜選ぶ時間ももったいないから、完全食なんて考えるんだろうな。

しかしね、料理研究家が必死に綺麗に作ったオリジナルレシピの写真をップしているかと思えば、栄養素が摂れればそれでいいと思っている人もいる時代。

まぁ、いいか。人それぞれだものね。

 

 

 

basefood.co.jp

 

 

 

 

 

 

地域限定販売食品

前回の旭川の山吹酢につづきまして、またもや地域限定販売食品のご紹介。

「豆乳こんにゃく」

こちらは多分もっとレア地域限定になると思います。

  

f:id:kattenichoice:20180806144805j:plain

 

いわゆる「さしみこんにゃく」です。

お店に陳列しているさしみこんにゃくって緑色系じゃないですかぁ。自分の中でさしみこんにゃくは乳白色なんです。緑色のさしみこんにゃくはちょっと独特の味がしますし、あれは私の中ではさしみこんにゃくとは違う食べ物です。

酢味噌たれ付です。いろいろ試してみましたが王道は、酢味噌ダレと結論付しました。

気がつけば、商品名が「豆乳こんにゃく」になってしまったような気がするのですが、前は、なんて書いてあったけなぁ。

どうってことない食べ物ですが、とはいえ、大好きです。

酷暑の夏、キンキンに冷してどうぞ召し上がれ。

 

仰天!!42都道府県高温注意情報

仰天!!はいささか大袈裟でした。42都道府県注意情報とはこれいかに。

しかし、北海道が含まれているっていうのもねぇ複雑な心境。本来であればこんな時は北海道は数には入ってなくって「あれー、内地は大変だぁ」なんてせいぜいうちわ片手に呑気にアイスでも食べているはずなんですがぁ。

札幌もあっついですよ。たぶんこの時間34度近くなっているんじゃなでいしょうか。でも風も強いですよ。なんなんでしょう。

この1週間、暑さ対策に酢の物をかかさず食べております。クエン酸の主役梅干しは春夏秋冬関係なしにお弁当に入れるので、かれこれ28年ぐらいはほとんど一日1個は食べています。

 

ところで、我が家で使っているお酢はこちらの山吹酢です。

 

f:id:kattenichoice:20180801134049j:plain

 

母が使っていたので子供の頃からのなじみです。

自分で食事の支度をするようになってから一時使っていなかったのですが、

久しぶりに実家で食べて自分が使っている酢は生ぬるいと気づき、最近は

もっぱらこちらを愛用しています。

旭川市のヤマブキ有限会社が製造している商品です。

もしかしたら、北海道にしか売っていないのかな。

酸っぱさ日本一!!かどうかは分かりませんが、酸度は17%。思いっきり酸っぱいです。この酢で作る酢味噌和えは抜群にうまーい。

酸っぱ物好きは、一度この酢のパンチをくらえば病みつきになります。酢飯にも少量でいいお味になりますからごはんがジャブジャブしません。

この暑さで、なんでもかんでもお酢をかけて食べていたらこの酸度の濃いお酢が残り少なくなっていました。無くなる速さに本人が一番びっくりしました。なんせ、マヨネーズにも酸っぱさプラスするので、ハイスピードで無くなったようです。

山吹酢・チェリー酢のヤマブキ有限会社 ||| 北海道旭川市のお酢の製造会社

 

話は最初に戻りますが、47-42=5。高温注意情報が出ていない5地域はどこなのでしょう? 注意報が出ていないだけで、ゆうに35度超えしているのではないでしょうか??

完全食COMP

足りない物を補うサプリメントとは違う完全食があります。開発したのは鈴木優太さん。自分のために開発してレシピも一時公開していた時期があったそうで、まったく商売っ気無しの開発だったそうです。

いくつか記事があったのですが、一番分かり易く、研究者族の特殊性もよくわかる記事がありました。しかしね、頭のいい人の考えっていうのは普通の人間とかなり乖離していますよ。いや、だから、そこまで没頭というか夢中になれるのかしらん。とことん研究に埋没出来るのも持って生まれた才能かも。ちょっぴりうらやましい。

煩悩が強すぎる人間には到底できっこないけど、ドラマや映画が見れないのは寂しいよ。

 

 

 

 

news.mynavi.jp

サバの缶詰が・・・。

仕事で帰りが遅くなり、食事の支度をする気力もなく惣菜売場に食べたい物が無い時の非常食がさばの缶詰。基本は水煮です。

 

f:id:kattenichoice:20180723172438p:plain

 

本日のお買い得商品なんてポップが打ってある時など購入して在庫しておくこともあります。寒い時は、さば缶で塩味ベースにうどんとか野菜などと一緒にして鍋風にしていただいたりします。

ところが最近、スーパーの缶詰売り場にどうもさば缶の品数が薄いまたは売り切れていたりする。それに、値段もなんだか高くなっている様な気がする。

物を探すのが苦手だから見つけられないのだろうか。「アッ、あった!!」と思ったらイワシの缶詰だったりする。いや、イワシでも構わないけれど、そこはやっぱりさばを所望していただけに手が伸びない。さば缶に何か異変がおきているのだろうか。

さんまも漁が不審で高騰している。さばもさんま庶民の味方。

そういえば、昨日ホッケが安く売っていたけれど、小さかった。あの辺の魚を獲ってしまうから、魚が不足してくるんじゃないかと思ったりするのですが、網にかかってしまうのですよね、きっと。

 

 

 

 

 

food.ismedia.jp

ストロフルス

子供の頃、牛乳やタマゴを食べると赤い発疹が出てとてもかゆくなった。確かチーズやバターでも同じ症状になり、大人になっても乳製品を食べる時は躊躇したものです。トラウマに近いかも。今は全然大丈夫なのですがが、無意識に食べる機会は少ないかもしれません。

このストロフルス、乳製品アレルギーなのだとずっと思っていたのですが最近、ふと思い出してググってみました。

検索結果が、ちょっと驚きでした。

 虫刺されの後に強いかゆみが出る、漿液性丘疹(しょうえきせいきゅうしん)ですって「何んじゃ、それ?」

↓(サイトの文字の校正ミス発見してしまいましたが・・・) 

https://medicalnote.jp/diseases/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B9

 

要は、子供は免疫がまだ弱いので虫にさされたことによるアレルギーらしい。

なんだよーそれー!!

子供時代の乳製品禁止令はどうなるんだぁ。実際、牛乳飲んだ後とかかゆくなったぞ。

いやしかし、大好きなバター醤油ご飯はおいしくいただいた記憶がある。タマゴ、チーズはほとんど食べなかった。考えてみたら給食で毎日牛乳飲んでいた??

子供時代、アレルギーという言葉はまだ登場していない。だから、ストロフルス=アレルギーだとずっと思っていた。なんだかショック。

でも、ストロフルスと食物アレルギーとの因果関係も否定は出来ないらしい。

半世紀近いぐらい前のましてや田舎の病院での診断だもの、仕方ないやね。

 バター醤油ご飯、食べた事あります?!アツアツの白いごはんにバターをひとかけら、その上に醤油をかけていただくのです。超ーうまいよ!!

母親にみつかると、怒られるからみつからないように食べてました。子供がしていることだから、ばれるんですけどね。

 

 

水水しいのが悩ましい

我が家のぬか床、室温が27度ぐらいになってきたので冷蔵庫へと引っ越ししました。冷蔵に入れると発酵に時間変わり、だいたい3日弱ぐらいで取り出しています。

でも最近水がたくさんしみ出てくるんです。どうしてかなぁ?ぬかに対して野菜が多すぎなのかなぁ。漬かるのに時間かかるから欲張って、ついついたくさん入れ込んでしまうんだ。

今日は、ぬか床から取り出す日。今回はいつもより少ない量できゅうりと大根を漬けました。水、やっぱり大量にしみ出しているだろうか。そうであれば手を打たなければならんぜよ。