Like Site

ブックマーク代わりのブログ

ただ生きる

ご近所付き合いしていますか?

ご近所付き合いは必要でしょうか?

 

いつ頃から、ご近所とは疎遠になるようになってしまった

のでしょう。

最近は、町内会に加入することをこばむ人もいるようで。

分かる気はするんですよ、町内会に入ると行事参加や数年も経てば

会計だ、役員だってまわってくるし何かとわずらわしいですもん。

子供の頃、町内会の会計だった親が私に「悪いけど町内会費を集めて

来て」ってお願いされ集めに歩いたこともありました。

素直に応じたのは子供心に忙しくしている母を思う気持ちが

あったのでしょうか。

 

育った時代は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のような

みんなまだ貧乏で、でもなんか未来に希望があふれていたように、

今からおもうと感じます。

テレビ、冷蔵庫、洗濯機がまだも三種の神器と言われていたかも。

物心ついた時には我が家には三種の神器はあったから

ALWAYSの方が時代は古いですね。

そろそろ、家庭で車を購入する時代に入っていました。

うちでも最初に購入したのは多分あれはカリーナだったんじゃ

ないかな。

小学校の低学年の時に、田舎の国道の舗装工事が始まりだした記憶が

あります。

たまたま、実家の隣に工事現場の番屋があり、そこに毎日遊びに行って

いました。おじさん達が可愛がってくれて、バイクの後ろに乗せて

もらったこともある。ヘルメットをかぶった写真が証拠。

今、子供がそんなところに一人で自由に出入りするなんて許される

はずもないよね。

 

よくよく考えてみたら、実家が自営業だったせいもあるのかもしれ

ないけれど、子供の頃っていつも大人の中にいたんだな。

それなのに、大きくなるにつれてどんどん人見知りするように

なってしまい挨拶するのも気後れするような時もあったけ。

今でも、人と会うのは億劫なところがありますが。

 

ご近所付き合いは突然できるものではないと思うのですよね。

時間をかけて少しずつ距離を縮めて、ある一定のところまで

きたらそれ以上は踏み込まない暗黙の了解みたいなルールが出来た

ところぐらいからが本当のお付き合いの始まりなのではないでしょうか。

合うあわないを見極める時間だって必要ですしね。

今日から突然、仲良くなんて絶対無理。

 

昔は確かにおせっかいおばさんや口うるさい近所のおやじや、

いじめっ子、いじめられっ子といろんな人がうじゃうじゃいました。

どうして知っているかというと、子供は外で遊んでいたからです。

家の中で友達と遊んでいると、「外で遊んできなさい!」と

おん出されるので、仕方なく外へと出て行きます。

雨の日は、軒先で遊んだりね。

外で友達といたずらしていると、近所のおやじに怒られて、

逃げ出しますが、捕まる友達もいました。

捕まえられた子はどうなったんだろう?覚えていない。

 

車も走っていない不審者もいない。だから子供は安心して自由に

外で遊べることが出来ました。

変な人がいたとしても近所のおじさんおばさんがどこで

目を光らせていました。

飼い犬もまだ繋がれていなかったから、自由にひとりいえ、

勝手に散歩していました。

私達が遊んでいると、しっぽを振って寄ってきます。

もちろん、どこのお家の犬なのかは知っています。

しばらく私達と一緒に遊んでいたかと気づけば、

ちゃんと飼い主の家に戻って行くのです。

間もなく、繋いで飼うように指導が入りましたが・・・。

 

近所の子供達との間で上下関係や軋轢も経験します。

自分の周りには、いろんな人がいるということの経験値が積み重なり

自然に人間関係の素地は仕上がっていったんじゃないだろうか。

 

戦後は、急速に個人主義核家族がすすみ、家庭環境が

大きく変わってしまいました。

それが悪いわけではないのでしょうが、日本人の気質には

そぐわなくて、時代がすすむとともにいびつになって

いったのでは?

 

東日本を経験したことにより、これまでの価値観が変わったのは

まぎれもない事実です。何かを取り戻す、はじめる?

 

「ただ生きる」。この言葉の重みは、震災が教えてくれました。

 

ナチュラルに人間関係を築く知恵を身につけることが

日々の暮らしの楽しさに結びついていくような気がします。

 

 

 

lab.machimachi.com

オータンブラー

北海道に美唄市という町があります。

 

その昔は炭鉱で栄えた町でした。

 

北海道は炭鉱で栄えた町が多いのですが、

 

この町も御多分に漏れず、炭鉱がすたれるとともに

 

町も衰退していきました。

 

北海道は札幌以外の市町村は皆んな大変な時期に突入しています。

 

北海道だけでもないですか、日本中の小さな自治体は同じですね。

 

この美唄市でがんばっている会社をご紹介します。

 

全然、縁なんてないのですが、同じ北海道に住む者として

 

応援してもらえたら嬉しいです。

 

こちらの会社、金属の磨きが専門の会社だそうです。

 

その技術をいかして金属のビールグラスを作って製品として

 

売り出しものです。

 

泡がクリーミーになりマイドルな呑み心地。

 

手仕事なので一日に3~4個を作るのが限界だそうです。

 

お値段はちょっと張りますが、稀少なグラスです。

 

名前も入れてもらえるようなので、プレゼンにも使えます。

 

一度、サイトを覗いて見て下さい。

 

http://www.ohtaseiki.co.jp/

株式会社太田精器

 

 

 

 

地域の素朴で魅力的で思いがけない体験が。。。

「TRIP」

2014年に開設された新しい観光を提供しているサイト。

歴史や風土を感じる観光も一息ついた感があるのでしょうか。

このTRIPの面白いところは、ほとんどが体験観光で

体験しに来て欲しい地域からのアプローチで成り立って

いるところです。

例えば「天空の里にて茶つみ体験を楽しむ」

これは雲海を眺めながら無農薬で育てたお茶をつむ体験観光です。

体験後には農家のみなさんの手作りのお昼ご飯がまっています。

その他にも地域ならではの体験観光があります。

観光も進化しているのです。

団体でこぞって海外へと日本民族大移動をしていた時代もありました。

中国人の爆買い爆買いっていわれていますが中国ほどではないにしても、

日本人だって1.5昔前ぐらいにはヴィトンだアルマーニだって買いあさって

いたのです。フランス、イタリアのショップでは購入してもらえるのは

嬉しいけれど、日本人のマナーが悪いから評判も悪かったんです。

どこかで聞いたことがあるお話だと思いませんか。

 

新しい旅を「TRIP」で見つけたら思いがけない日本と出会えるかも知れません。

 

 

 

trip-u.com

 

 

 

 

 

 

 

立って乗れるトランスポーター

www.sms-argo.com

 

ネットニュースで「立って乗れるトランスポーター」の題目で

福祉機器展の記事で紹介されていました。

まだ会社のホームページ上では掲載されていなかったのですが、

代表者はユニークな考えを持っています。

 

紹介されていたトランスポーターはアメリカ製の3輪車です。

このトランスポーターの記事で、リウマチで歩行が少しずつ

不自由になってきている友人を思い出しました。

少し前、「いよいよ足が駄目になってきたらセグウェイ

使うといいよ」なんて冗談で話していましたが、考えてみたら

ひとというのは年を重ねてしまいます。

セグウェイはバランス感覚が衰えてくるとちょっと危険な乗り物に

なるかもしれません。

この立って乗れるトランスポーターだったら、電動車イスには

まだ乗りたくないシニアにもいいかも。もちろんリウマチの友人にも。

まぁ、友人はまだしばらくは自分で歩ける状態ではあるのですが。

でも、リウマチ歴が25年以上経過しているので、それなりに

身体がむしばまれています。

足首が痛いらしいのですが、足首の人口関節というのは難しいらしく、

痛みに耐えながら歩いています。

片方の膝はすでに人口関節になっています。

それでも友人は前向きで「何とかなるでしょ。」と笑います。

 

いつしかトランスポーターが日本の歩道で乗れるようになり、

友人が自由に乗って移動している様を想像すると嬉しくなります。

でも、考えてみたらリウマチの進行は全身なので手も不自由に

なっていて、捺印はちょっと苦手です。

今はまだ車の運転は出来ているけれど、数年後の手はどうなっているのか。

車の自動運転の開発研究は盛んにおこなわれているけれど、

こうなるとトランスポーターにも必要かも。

研究者の皆様、どうぞよろしくお願いします。

 

手塚治虫の世界がどんどん現実の世界になってくる。

あらためて手塚治虫先生の先見の目に脱帽してしまいます。

 

 

ネットで3Dプリンター

rinkak | 3Dプリンター・3Dプリントのものづくり&マーケットプレイス

 

3Dプリンターの特許が間もなく切れる(らしい)。

その特許をどなたが持っているのかは知りませんが、これから3Dプリンター

需要と供給の世界が熱くなる(らしい)。

 

ネットでデザインをアップすると自動的に見積をしてもらえる

3Dプリンタ―のプロダクト「rinkak」。

ただ一言、すごいね。

自分で3Dプリンター持たなくてネットで作れちゃうんだから、

クリエイティブな人達には何ともはや、おいしいのでは。

個人で製造ができちゃう時代がついにやってきたんだ。

rinkakは、3Dプリンターで製造して販売もできてしまうみたい。

モノづくりにかかせない金型っていうのは大変高価(らしい)。

3Dプリンターはその金型がいらないっていうんだから、コストも

相当おさえることができるんだよね、きっと。

一品からこさえることが出来るんだから、オリジナル物を求めて

いる人にはたまらない世界だよね。

こんなサイトを見ていると、本当に2020年、2030年に無くなる仕事が

真実味を帯びてきているのをひしひしと感じたりしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

喉元過ぎれば熱さ忘れる

久しぶりにという表現はあってないかもしれませんが、

津波警報」が出ました。

警報見ながらきつねにつままれたような気分でした。

もう5年?まだ5年?いずれにしたってあの大災害を

忘れるなという教訓でしょうか、今日の津波は。。。

あっと私だけに言えることでした。失礼しました。

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」まさにこのことわざ通りの

鈍感さを感じました。

 

それで思い出したと書いたらまたもや顰蹙者ですが、

防災グッズで便利でおしゃれ(?!)な商品があります。

こちらです↓

 

www.pro-bousai.jp

 

ご存知の方も多いでしょうか。

グッドデザイン賞も受賞しています。もちろんデザインだけではなく

中味もしっかりしています。

 

本日はあらためて防災を考えるきっかけを与えてもらいました。

 

 

web 出典 引用 

ブックマーク替わりとはいえ文字だけだったら寂しいから

書き残すサイトの写真やイラスト貼り付けたいなぁとか思うのですが、

著作権が心配で、どの辺までだったら貼り付けていいのかと思って

調べてみました。

 

公開されている物は引用や出典元を表示(有料は除いて)しておけば

絶対大丈夫なものなんでしょうか。

 

今流行りのキュレーターサイトなんか出典元書いてガンガン貼り付けているけど、

私もちょっとだけでいいから貼り付けたいなぁなんて思うのだけれど、

大丈夫かな。。。

 

ec-houmu.com

 

デジタル・ネットワーク社会と著作権 | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

 

上記のサイトを読むとリンク程度のことは著作権には触れないと

判断したのですが、あっていますかね。心配だな。