Like Site

ブックマーク代わりのブログ

みりんという摩訶不思議な調味料

料理に絶対的に欠かすことができない調味料が「みりん」なのだ。煮物にみりんは当たり前。

カレーもシチューも必ずみりん。炒め物にもみりん。なんでもかんでもみりん。

みりんが無いと夜も明かず、とはいわぬけどみりんがない日常は考えられない。

「みりん」といえば、宝本みりん。物心ついたときから宝酒造のみりんの瓶、ボトルをみて育ったといっても過言ではない。

いや、宝みりんしか使ったことが無いと書いた方が正しい。

 

つい最近「あなたは何故そんなに素晴らしいの!!」とみりんに問いかけている自分がいた。危ない?自分!! まぁそれはいいととして。

 

さっそく、リサーチ開始。

ふむふむ。

結果は、自分が長年愛用していたみりんは本当の意味で本みりんではなかったという事を理解した。

 --ちなみに、みりん風調味料はみりん風であってみりんじゃありませんよ。

(さすがにそれは心得ている。)--

 

しかし、宝本みりんでも十二分においしいのに、生粋の本みりんを使ったら一体どのぐらいおいしいのだろう。期待が膨らむ。

ざっくり調べただけで本みりんの製造元を数個みつけた。まだあるのだろうけれど、ラインナップしてみよう。

 

「九重味醂

創業は安永元年1772年だって。江戸幕府10代目 家治の時代らしい。

 2018-1772=246

246年前から続いているんだ。北海道150年なんて目じゃないね。 kokonoe.co.jp

 

「角谷文治郎商店」

三州三河みりん、聞き覚えがある。創業は明治43年。 

www.mikawamirin.com

 

「白扇酒造」

創業不明って書いてある。本家本元で分からないこともあるのね。

江戸後期らしい。

www.hakusenshuzou.jp

 

 

「玉泉堂酒造」

創業は、文化3年1806年。今のところ九重味醂が一番古株。www.minogiku.co.jp

 

 

「甘強(かんきょう)酒造」

創業は文久2年1862年。玉泉堂酒造より若い。www.kankyo-shuzo.co.jp

 

ヘー、玉泉堂酒造と白扇酒造は岐阜県でそれ以外は愛知県の蔵なのね。

愛知ではみりん造りが盛んだったのかしらん。

(調べたい欲求は今はおさえる。)

宝酒造はというと、京都だ。

 

トリは北海道ということで

「田中酒造」

創業は明治32年。札幌の隣、日本海を見渡す小樽市にある。

「魔法の一滴 本みりん」

日本酒は飲んだことがあるけれど、みりんは見た事もない。

きっと買い物に行くスーパーに商品おいていないんだな。

みりん購入の時って、赤いキャップの「宝」しか見てないし。

しかし、500mlで1,340円だって。高くなーい?!

調味料というより、元祖みりんの姿、甘い酒だ。 

tanakashuzo.com

 

このみりんたちは、庶民の味方系スーパーにはおいていないと思われる。

マダム御用達の高級スーパーあたりに行かないとお目にかかれないんじゃない。

札幌だと、デパートに置いてあるのかな。

しかし、みりん買うのにわざわざデパートに行かないものね。

 

そういえば最近、コーチャンフォー紀伊國屋とコラボしたという新聞記事

載っていたね。今度、コーチャンのぞいてみよう。

 

コチャンーフォーはこちらからどうぞ

www.coachandfour.ne.jp

 

そのうち、本当の本みりんを購入して煮物を作ってみよう。

はじめて使う本みりんはどの商品になるか!!

 

 

奥深いビタミンB群

栄養学は本当に難しい。と思うのは自分だけかもしれないけれど、

読んだそこから次々忘れていく、いやというよりどんどんこんがらがって

いくのだ。現在ビタミンB群を頭に叩き込んでいる最中ではあるが、

なぜ2だ6だ12となったのだ?とそもそも論からはじめないと気が済まない

性質だけに中々前にすすまない。

関係ない話だけれど、先日メロンを食べるのに皮からメロンの果実を切り離し

左手に残った皮をみていると緑色の部分がウリに見えてきた。

そうだ!!ぬか床に入れちゃっおうっと!!

まだ表面にうっすらとオレンジ色の果実があったのでそこは必死にこそぎ食べ(?)いざぬか床へ!と思ったのだけれど、いやもしかしたらメロンの糖分の影響を受けてぬか床に異変が起きるのでは??

そこは思い直し、別の入れ物にぬか床を小分けしてメロンを漬けてみた。

味は、うーん、おすすめしない。の一言だけ述べておこう。

多分、メロンの種類がよくなった。

果実がオレンジ色のメロンはぬか床には不向きなのだ。

小さ目で全体の果実が緑色のまさしくウリのようなメロンの方が

おいしいのだと思う。

実際、ネットで紹介しているメロンのぬか漬けでマスクメロンを使っているサイトは見かけなかった。

 

パスタの完全食品

また完全食品みっけ。

「ベースパスタ」1食に必要な栄養素が摂取できる完全食。

完全食時代なんでしょうか。この商品も、食事をする時間がもったいないと自分で開発したみたいです。

パスタだからアレンジ次第では楽しめるかもしれません。

完全食でこと足りる人は、「うに食べたい」「うなぎが食べたい」などど(頭文字が「う」ばっかりだ)思ったりしないのだろうか。

いや、思うよね。たまにはちゃんと食事するんだろうな。スーパーで惣菜選ぶ時間ももったいないから、完全食なんて考えるんだろうな。

しかしね、料理研究家が必死に綺麗に作ったオリジナルレシピの写真をップしているかと思えば、栄養素が摂れればそれでいいと思っている人もいる時代。

まぁ、いいか。人それぞれだものね。

 

 

 

basefood.co.jp

 

 

 

 

 

 

地域限定販売食品

前回の旭川の山吹酢につづきまして、またもや地域限定販売食品のご紹介。

「豆乳こんにゃく」

こちらは多分もっとレア地域限定になると思います。

  

f:id:kattenichoice:20180806144805j:plain

 

いわゆる「さしみこんにゃく」です。

お店に陳列しているさしみこんにゃくって緑色系じゃないですかぁ。自分の中でさしみこんにゃくは乳白色なんです。緑色のさしみこんにゃくはちょっと独特の味がしますし、あれは私の中ではさしみこんにゃくとは違う食べ物です。

酢味噌たれ付です。いろいろ試してみましたが王道は、酢味噌ダレと結論付しました。

気がつけば、商品名が「豆乳こんにゃく」になってしまったような気がするのですが、前は、なんて書いてあったけなぁ。

どうってことない食べ物ですが、とはいえ、大好きです。

酷暑の夏、キンキンに冷してどうぞ召し上がれ。

 

仰天!!42都道府県高温注意情報

仰天!!はいささか大袈裟でした。42都道府県注意情報とはこれいかに。

しかし、北海道が含まれているっていうのもねぇ複雑な心境。本来であればこんな時は北海道は数には入ってなくって「あれー、内地は大変だぁ」なんてせいぜいうちわ片手に呑気にアイスでも食べているはずなんですがぁ。

札幌もあっついですよ。たぶんこの時間34度近くなっているんじゃなでいしょうか。でも風も強いですよ。なんなんでしょう。

この1週間、暑さ対策に酢の物をかかさず食べております。クエン酸の主役梅干しは春夏秋冬関係なしにお弁当に入れるので、かれこれ28年ぐらいはほとんど一日1個は食べています。

 

ところで、我が家で使っているお酢はこちらの山吹酢です。

 

f:id:kattenichoice:20180801134049j:plain

 

母が使っていたので子供の頃からのなじみです。

自分で食事の支度をするようになってから一時使っていなかったのですが、

久しぶりに実家で食べて自分が使っている酢は生ぬるいと気づき、最近は

もっぱらこちらを愛用しています。

旭川市のヤマブキ有限会社が製造している商品です。

もしかしたら、北海道にしか売っていないのかな。

酸っぱさ日本一!!かどうかは分かりませんが、酸度は17%。思いっきり酸っぱいです。この酢で作る酢味噌和えは抜群にうまーい。

酸っぱ物好きは、一度この酢のパンチをくらえば病みつきになります。酢飯にも少量でいいお味になりますからごはんがジャブジャブしません。

この暑さで、なんでもかんでもお酢をかけて食べていたらこの酸度の濃いお酢が残り少なくなっていました。無くなる速さに本人が一番びっくりしました。なんせ、マヨネーズにも酸っぱさプラスするので、ハイスピードで無くなったようです。

山吹酢・チェリー酢のヤマブキ有限会社 ||| 北海道旭川市のお酢の製造会社

 

話は最初に戻りますが、47-42=5。高温注意情報が出ていない5地域はどこなのでしょう? 注意報が出ていないだけで、ゆうに35度超えしているのではないでしょうか??

完全食COMP

足りない物を補うサプリメントとは違う完全食があります。開発したのは鈴木優太さん。自分のために開発してレシピも一時公開していた時期があったそうで、まったく商売っ気無しの開発だったそうです。

いくつか記事があったのですが、一番分かり易く、研究者族の特殊性もよくわかる記事がありました。しかしね、頭のいい人の考えっていうのは普通の人間とかなり乖離していますよ。いや、だから、そこまで没頭というか夢中になれるのかしらん。とことん研究に埋没出来るのも持って生まれた才能かも。ちょっぴりうらやましい。

煩悩が強すぎる人間には到底できっこないけど、ドラマや映画が見れないのは寂しいよ。

 

 

 

 

news.mynavi.jp

サバの缶詰が・・・。

仕事で帰りが遅くなり、食事の支度をする気力もなく惣菜売場に食べたい物が無い時の非常食がさばの缶詰。基本は水煮です。

 

f:id:kattenichoice:20180723172438p:plain

 

本日のお買い得商品なんてポップが打ってある時など購入して在庫しておくこともあります。寒い時は、さば缶で塩味ベースにうどんとか野菜などと一緒にして鍋風にしていただいたりします。

ところが最近、スーパーの缶詰売り場にどうもさば缶の品数が薄いまたは売り切れていたりする。それに、値段もなんだか高くなっている様な気がする。

物を探すのが苦手だから見つけられないのだろうか。「アッ、あった!!」と思ったらイワシの缶詰だったりする。いや、イワシでも構わないけれど、そこはやっぱりさばを所望していただけに手が伸びない。さば缶に何か異変がおきているのだろうか。

さんまも漁が不審で高騰している。さばもさんま庶民の味方。

そういえば、昨日ホッケが安く売っていたけれど、小さかった。あの辺の魚を獲ってしまうから、魚が不足してくるんじゃないかと思ったりするのですが、網にかかってしまうのですよね、きっと。

 

 

 

 

 

food.ismedia.jp