Like Site

ブックマーク代わりのブログ

魚醤

ぎょしょう!! (どうでもいいことでした)

「秋田名物 はつもりハタハタおがでおがブリコ(秋田名物八森ハタハタ男鹿で男鹿ブリコ)」の秋田音頭の歌詞にあるハタハタからつくる「しょっつる」は日本で代表的な魚醤。

他に石川県のいしる、香川のいなごが有名です。

タイにはナンプラーベトナムニョクナムがあります。ナンプラーは当方のキッチンでも欠かせない調味料です。

一滴加えるだけで、味が抜群に変わります。かなり個性的な味と匂いなので嫌がる人も多いのがちょっと残念なところです。

タイやベトナムなどの東南アジアの伝統的な味と、秋田県や石川県のように雪が降る地域が同じような味が伝わっているのは不思議です。漁業が豊富な地域だからこそかもしれません。 

最近、魚醤が見直されてきているのかどうか定かではありませんが、はじめて見る魚醤の瓶をちょくちょく見かけます。

 味比べしているサイトがあったのでご参照ください。原料がそれぞれ違うので、やりたくなる気持ちはとっても好く分かる。後から喉が渇いた事でしょう。

 

portal.nifty.com

 

 魚醤は立派な発酵調味料。核酸が含まれているのでビタミンB群の働きに貢献。

これからの季節、鍋物などに使うと知らず知らずのうちに栄養素を取り込め、お味も楽しめます。

我が家ではもやしスープや野菜炒めによく利用します。ナンプラー入りのパスタもおすすめです。エスニックやきそばもね。

魚醤の味のポイントさえつかんでいれば、万能調味料になってもらえます。

北海道は魚の宝庫ですが、魚醤についてはかなり遅れをとっています。仕方がないのです。長い歴史を持つ本州勢にはかないません。魚醤を作ることは廃棄削減にもつながるのでこれから研究を深めきっと、日本中に広がり、どさんこ音頭の歌詞にも導入されるか否かはわかりませんが、とにかく頑張っています。

 

www.kitano-gyosyoyu.com