Like Site

ブックマーク代わりのブログ

反省反省反省

スーパーで完売していた主な商品は、牛乳、パン、納豆、レトルトカレーなどのレトルト食品。カップラーメン、インスタントラーメン、乾麺。缶詰(おもにさば缶だけど)それから電池とカセットボンベ、かな。

あっ、惣菜はもう完全に問題外ね。地震があった日の早朝から昼過ぎに売れ切れ。その後は早い者勝ちか強運の持ち主がゲットするような状態だったよう。

周りにいるタイプはみんなおっとりしているのか、スーパーにもガソリンスタンドにも走らなかった。電池は在庫があるし、ろうそくもあるし、ご飯も冷蔵庫にあるもの、どうせ停電しているからいよいよになれば冷凍庫の食材もあるからまぁ、明日考えるさ。という人ばかりでした。

 まぁちょっとだけあせあせしたのはガソリンだったけれど。エイいざとなれば、チャリがあるわいと、開き直ったりして。

6日は18時頃仕事を終えて帰宅したのですが、最近は夕暮れも早く、街灯が消え公共交通が全てストップした市内では、自転車と歩いて家路につく人達で結構混雑していました。

ろうそくも燃えつき、20時過ぎには就寝。午前3時08分の地震から丸一日、疲れてすぐ眠れるだろうと思っていたけれど、全然眠れませんでした。特に街灯が点いた瞬間は「ヤッター!」と喜び勇んでブレイカーを上げて電気のスイッチを押したまではよかった。でも、電気は点かなかった。通りの向こうまでしか電力はきていなかったのだ。ガックシ。腹の虫がおさまらないのかなんなのか分からないけれど余計に眠れなくなってしまった。

だからって、真っ暗な中、なにもできないのでまたベットに横たわり憮然としていた。

静まりかえった暗闇から聞こえてくるのは幹線道路で交通整備をしている警察官の笛の音。消防車、救急車、パトカーのサイレンが絶え間なく聞こえていた震災の日。今晩も明日も明後日もまだまだ緊張が続く日が続くのだ。

被災者だって同じ夜を過ごしているのだ。電気が点かないぐらいで腹を立てている自分が妙に矮小にみえてしまいました。