Like Site

ブックマーク代わりのブログ

野菜が肝心な日常だから

食生活で重要なのが野菜たち。

今年は日本中の天気が悪くて、これから冬に向かって野菜のお値段が気になるところ。

昨シーズン、冬の主役の白菜が高くて中々手が届かなったのを記憶しています。

本来だったら、夏の間はお野菜が手軽な金額で手に入るのですが、今シーズンはどうもあとひと押しって感じで安くならなかったように感じています。

ここにきて、少し安くなったお野菜たちがいて、そのひとつが白菜です。あくまでも札幌のお話しというか普段買い物するスーパーのお値段が前提ですよ!(^^)!

昨日の戦利品(?)は、大根とキャベツと人参。特に大根はそれはそれは立派で、いの一番に手が伸びました。なんせ、ぬか漬けに欠かせない大根。在庫を切らすと自分自身に腹が立つんです。

キャベツがは少し小振りですが、持つとどっしり重いので、葉っぱがぎゅうぎゅうに巻いていそうでした。

人参もぬか漬けには欠かせないのですが、人参って結構値段の上下が激しい野菜です。昨日は少し高めとはいえ他のお店よりがぜん安価だったので、冷蔵庫にまだ在庫あるけど、腐るものだけど買ってしまいました。なかなか立派な人参でしたし、ほぼ一日一本のペースで無くなるから在庫数が多くたって大丈夫。

安かった代わりに今日はかぶ様を購入して行こうかと思い、いそいそとかぶ売場へ。「えー390円!!たっかー!!」といきなりあきらめました。

でも、こーゆーときいつもふと我に返るのです。

キャベツ1個150円が高いか安いか。大根1本130円が高いか安いか。かぶ2束390円が高いか安いか?農家さんのこと考えてる?って自問自答してしまうのです。

規定外の野菜が廃棄されることがクローズアップされています。消費者としては規定外でも構わないのですが、生産者&売り手側からとしては値崩れが起きては大変まずいのです。

もったいない問題に相反する死活問題。

でも、地球環境悪化の中、作物の生育にも大きく影響およぼしている現状を考えれば何か違う側面からの考え方が必要と思います。

皆がいい方向に行ける手法ってないのでしょうか。

 

あっと、つけたししておきますが昨日は、キャベツも大根も100円以下で購入しました。頼まれてもいないのに知り合いの分まで買い、えらく満足げな私だったのです。