Like Site

ブックマーク代わりのブログ

お鍋が恋しいい季節

突風が吹いたのを合図に、急に空が暗くなり大粒の雨が降りだしだとおもったら、遠くの空には雲の合間に太陽と青空が見える。なんともはやこの現象も、大気が不安定、ということですか、気象予報士さん。

大陸からの寒気のお陰で日本列島は台風26号の襲来はまぬがれたようです。大陸もたまには日本に優しくしてくれるらしい。

少しずつ寒くなってきました。ストーブに手が届いてしまうのももう間もなくです。今年の灯油高騰、何とかならないものかと嘆いています。リッター90円は高すぎる。もう、凍え死ぬしかないのだ。

寒くなってくると恋しくなるのが鍋物。スーパーでも鍋物アイテムが豊富におかれる季節になりました。

前冬は、白菜の値段が中々下がらなくて、白菜抜きの鍋の回数が多くなかったですか?今年は、今のところ、お手頃価格で売り場に並んでいます。

さて、一口に鍋物と言っても、その種類は豊富でご家庭のオリジナルもあわせていくと天文学的数字までとはいいませんが、相当の数があると思います。

基本は和風が多いでしょうか。しゃぶしゃぶもいいですよね。キムチ鍋もグーだし、すきやきも鍋物の一種?かな。

鍋に欠かせないのが、だし&スープ。どの鍋にするかによってベースが変わりますが最近は、鍋スープもたくさん商品があり、便利になりました。

土鍋にこんぶ入れて、鍋をする家庭は少なったのかも知れません。

鍋のことを考えていたらきゅうに気になりだしたのが「節」。代表的な節はもちろん鰹節ですが、ここのところ目立っているのがあごだし。札幌では大胆にも自動販売機があります。このあご出汁自動販売機当初は、あごだしジュースでも売っているのかと思っていました。「だしを飲む」の流行っていませんでしたか?気のせい?妄想?まさか出汁そのものを自販しているなんてお釈迦様でもご存じないです。

他にどんな節があるか調べてみました。

さば、まぐろ、むろあじ、そうだ、いわしなどがありそうだは、そうだかつおかつおの仲間。いわしは、かたくちいわしが煮干しになり、うるめいわしはうるめ節。他には、さば、むろあじなとがありました。

道産子としては、鮭節をご紹介したいです。もちろん鮭を加工したものです。アハ、えらそうに書いていますが、まだ食べたことないんです。なんとなく手が伸びなかったのですが、今年の冬は是非、鮭節を使った石狩鍋を作ってみようかなんて考えています。

 

 

鮭節誕生の秘話もどうぞ。↓

第26話 逆転の発想から生まれた鮭節